« 華嵐に誘われて | トップページ | 「祝・番組10周年」 2012.10.01 »

2012年10月 2日 (火)

夏の終わりに想うこと…

あんなに 暑い暑いと言っていたのに、

アラフェスが終わったとたんに 急に涼しくなって…。

秋が 急ぎ足でやって来た感じですよね。

「嵐の夏」が終わるとともに 夏が終わった。

夏の終わりに想うこと…。

歌って踊る嵐さんは、最強で最高だ!

みなさま、お久しぶりです。 あおぞらです。

華嵐に誘われたまま、ふわ~っと どっかに行ってる間に、

季節は 春・夏を過ぎ、秋となっていました。

その間に、ドラマがあったり、シングルが発売されたり、

24時間テレビもあったり、アラフェスがあったりと、

なかなかのビッグイベントが続きましたよね。

そのたびに 何か書き始め 途中の状態で保存するもんだから、

下書きのままにエントリーだけが増えていって。

結局、そのまんまにしちゃっておりました。

すいません。

さて、先日のこと。

9月20日に、国立で行われたアラフェスに行ってきたのですが、

そこで、ちょっと、忘れていた想いというか、

大事なものを思い出すきっかけをもらってきました。

なんというかですね、アラフェスを見ていたら、

原点回帰というか、また新たな姿勢というか、

ここ最近のコンサートとは違う、

久しぶりのような、新鮮にも感じる、

楽しさと面白さと感動があったんです。

まだまだ暑い中で、国立のあの広い会場で、

衣装を着て、5人が、5人だけがガシガシ踊っている。

顔を真っ赤にして、体いっぱいを使って 歌って踊っている姿を見て、

うれしかったし、楽しかったし、感動して。

見ている私たちの 心が躍る、胸が躍る、体が踊る感じで、

とっても素敵な空間でした。

嵐の5人が また 何か新たなスタートを切ったような…、

そんな気もしたんですよねぇ。

本当に 感謝の想いで いっぱいです。

ありがとう。

私も 一緒に 少しでも進化を遂げられるように、

日々をがんばります!

さあ、そして、次なるアルバムとツアーの名前は、「Popcorn」♪

なんか 久々に 楽しい おちゃめなネーミングですな。

ハッピー感が漂っているような。

ところで、このツアー名「Popcorn」って、どうやって略すんでしょうね?

Popcornコン、Popコン、ポップコン、ポプコン、ぽぷコン、ぽぷこん…。

もしかして、このタイトルを決める時…。

M: 「今度はさ、Popなアルバムにしたいよね」

A: 「それでさ、Popなコンサートにしてさ」

N: 「ああ、Popコンね…」

S: 「じゃあさ、Popcornでよくね?」

O: 「あっ、いい! さすが Sくん、すげー」

とかいう会話でもあったりして。

国立で 重大発表として流れた映像には、

確かにPopなかぶりものをした彼らが映っていましたので、

Pop超なアルバム&コンサートを楽しみにしています!

|

« 華嵐に誘われて | トップページ | 「祝・番組10周年」 2012.10.01 »

」カテゴリの記事

コンサート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。