« 「あの時のラジオをもう一度」 2012.10.03 | トップページ | 「流行らせたい言葉」 2012.10.05 »

2012年10月 8日 (月)

「がんばりましょう!」 2012.10.04

先日、大野くんファンのお友達2人と食事に行ってきました。

久しぶりに会って語り合おうよってことで。

そのうちの1人のお友達の誕生日が近かったので、

ならば本人には内緒でお祝いしちゃおう!ってことになりまして。

いわゆるサプライズってやつですね。

お店に予約する際に そのことを伝えたら、

デザートの時に お祝いメッセージを入れてくださることに。

それがこれ。

Birthday_massage


和食のお店なのですが、こんな粋な計らいをしてくださいました。

昔から知っている方がやっているお店なのですが、

お食事はもちろん、デザートまで美味しいんですよねぇ。

ほうじ茶アイスのもなかがね、これがもう~。

お食事の前に、お友達にプレゼントを渡したのですが、

箱を開けたら、あらビックリ。

プレゼントのパッケージについていたシールに、

なんと 鍵の絵が描かれていたんです。

近頃、”鍵”に敏感な私たち。

「あっ、鍵だ!」と声をあげたのは言うまでもありません。

まったくの偶然なんですけど、まさかシールが鍵の絵だなんてね。

ナイス ミラクル!

この日は、10月4日。

ええ、もちろん、大野くんのお父さんのお誕生日もお祝いしてきましたよ。

「まもるさん、お誕生日おめでとうございます!」っつって。

ではでは…。

以下、10月4日(木)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2012年10月4日(木) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

「腰が据わる」

   (BGM: ♪『Face Down』)

ああ、腰が据わるわぁ~って言うよね。

んふふっ。

あんまり わかってないわ。

これは、しっかりと安定した様子、

また 他のことに気を取られることなく、

物事に専念するさまを表す言葉です。

腰を据えて 仕事に取り組む という具合に使います。

ああ。

まさに、僕なんかで言ったら、

ものづくりしてる時とか、絵 描いたりとかだね。

気を取られることなく、絵に専念するみたいなことですよね。

ええ、まあ、描いてないですけどね、最近。

ふふっ。

さあ、ということで、今日もやってまいりました。

えー、『ARASHI DISCOVERY』10周年 記念しての、

10年前のラジオです。

聴きますよ、みなさん。

さあ、選びましょう。

もう、この音でわかりますね。 (← ガサガサ)

コンビニの袋で~す。

選んだよ。

おっ、2002年12月6日。

トークテーマは「靴下」!?

どうぞ。

   (BGM: ♪『a Day in Our Life』)

(以下、ブルーの文字が2002年当時の声です)

「僕はですね、靴下でですね、あのー、

指 一本一本が離れてる、分かれてる靴下があるんですね。

あの、まあ、手袋と一緒ですよ。

それが靴下バージョンなったみたいな…。

それがあるんですけどもね。

ふふっ。

「あれがですね、僕は大好きででしてね。

今は 履いてないんですけどもね、昔 履いてましてね。

やっぱね、見えないファッションってのもね、大事ですよね。

はははっ、ははは。

「あの、見せずにね、内側に秘めた光るものみたいな。

ああ、いいこと言った、今。 ねっ。

ははははっ!

何 言ってんの…。

「そういうものもね、大事にしてみては どうでしょうかね。

みなさんも、これからね、

ま、風邪とかね、ひかないで、

がんばってください、みなさん。

僕もがんばります。」

ははははっ。

「えー、じゃ、みんなで がんばりましょう!

おおー!

以上、大野智でした!」

はははははっ!

いや、ひでぇな、マジで。

本当にひどいね。

「ねっ、はい、ねっ」とか言って。

なんか困ったら、

「なんかね、みんなね、風邪ひかないでね、

がんばっていきましょう!」とか言って。

「僕もがんばります」って。

なんか困ったら、「がんばりましょう!」とか言ってんだ。

言ってたね、たぶん。

うん、そんな感じだったよ。

ひどかったね、今の。

俺的には面白いけどね。

もう、全部 聴きたくなるわ。

えっ? 明日も聴ける?

明日も聴けるってよ。

明日、楽しみにしよう。

以上、大野智でした。

--------

この日は 一段と大爆笑だった大野くん。

昔の音声を聴きながら、笑う笑う。

それを聴きながら、私も笑う笑う。

これ、私たち的にも面白いですよ。

昔の大野くんは、声自体はあまり変わってないと思うのですが、

話すテンポがまったく違います。

早口というか、勢いでしゃべってるというか。

ぐわぁーっと しゃべってる感じ。

文字に起こすのに 手が間に合わないんですよねぇ。

これを若さと言うのでしょう。

ええ、きっと。

|

« 「あの時のラジオをもう一度」 2012.10.03 | トップページ | 「流行らせたい言葉」 2012.10.05 »

あおぞら事」カテゴリの記事

『ARASHI DISCOVERY』ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。