« 濃密泡に、うもれましょう | トップページ | 願い »

2012年3月 6日 (火)

嵐×(歌う+踊る)=最強で最高

昨日の『HEY! HEY! HEY!』が秀逸すぎて、リピートが止まらない…。

“うれしい! 楽しい! 大好き!”ってやつです。

もうすでに、私の中で 『ワイルド アット ハート』が名曲化している。

久しぶりに ツボを書こうと思ったら、書いても書いても終わらない。

ということで、今日は かなり長いです…。

では、ツボの覚え書きを。

 ・翔さんへのサプライズプレゼントの映像が、まさかの冒頭。

 ・サプライズ言えてない相葉君。

 ・ミニスカポリスのスカート、短っ!

  網タイツの足がとてもきれい。 ナイスマッスル♪

 ・スポーティー巡査こと、相葉さんのスカートのスリットは ド真ん中。

 ・大門サングラスが大きめの大野さんは、帽子も大きめ。

  そして、デコ全開。

 ・女性サイズの衣装のはずなのに、上着のボタンを留められる大野さん。

  どんだけスリムなんだろうか…。

 ・この日から、私の中で 『T.A.B.O.O』は名曲となった。

 ・歌いながら前へ進む足の運びが見事なまでに揃っている。

 ・喜びと戸惑いの表情を隠せないピンクジャケットの翔さん。

 ・つーか、映像、短っ!!

 ・生足NG、網タイツOK…。 確かに、ルールが難しすぎる。

  でも、その事務所の判断に拍手♪ ナイスジャッジ!

ミニスカポリスだけで、こんなに…。

いやいや、まだまだ語れそうだ。

しかし、先を急ごう。

最初のコーナーは、「嵐 各メンバーの思い出の名曲集」から。

 ・ここで言う「初めて買ったCD」というのは、

  私の年代で置き換えると「初めて買ったレコード」であると解釈。

 ・どれも最近の曲に思える。

 ・「ピンポンパン体操」、知っています。

 ・小学生が「親睦会」…。 粋すぎる。

 ・大野さんの衣装のVネックが いつも以上に深め。

 ・『あゝ無情』の合いの手を入れないと不機嫌になる相葉ママ。

  あの合いの手は必要不可欠だと私も思う。

 ・嵐さんと対戦したい浜ちゃん。

 ・『VS嵐』をずっと観ている浜ちゃん。

お次は、「今聴きたい嵐の名曲トップ10」。

 ・『きっと大丈夫』、私の中では、もっと上位。

  朝、仕事前にテンションを上げる時によく聴く曲ゆえに。

 ・『果てない空』の紅白の映像が妙にきれい。 クリア超。

 ・そうそう、『WISH』の衣装は赤だった。 上から下まで赤だった。

  翔さんの耳にピアス。 松本さんが道明寺。 大野さんが短髪&金髪。

  この曲は、キラキラしてる。

 ・『truth』を聴くと、切なくなる。 苦しくなる。

  08年を思い出す。 『魔王』がよみがえる。

  どんどんプラズマ化していく大野君が心配だったんだよなぁ。

 ・やまたろを思い出す、『Happiness』。

  メイド姿の二宮さんの足の細さに驚いた あの夏。

  この映像の夕日がきれいだ。 国立は やっぱり特別な空間に感じる。

 ・妙に若さを感じる『サクラ咲ケ』のMV。

 ・『Monster』は、まさに名曲。

  映画館で大野君のソロパートを聴いた時、泣けた。

  あの伸びやかな歌声を聴いただけで、心が震えた。

  今のところ、私の中では1位かもしれない。

 ・ドラマの番宣を忘れない松本さん。

  あれやこれやを盛り込み、きっちりと仕事をする。

 ・鳥人間の相葉ちゃん。

  何度観ても、記録は60センチ。

 ・『A・RA・SHI』が3位は意外な感じ。

  サラサラヘアの大野君♪

  なるほど、この衣装はTOKIO兄さんのだったのか。

 ・やっぱり国立ってハンパねえ~。

  そうそう、『Love so sweet』も上位よねぇ。

  この曲を聴くと、08年の国立のオープニングを思い出す。

  あの胸の高鳴りを思い出す。

 ・なんと、1位は『One Love』。

  この白い衣装で歌う成瀬先生チックな大野君が麗しかった。

  屋良君が振り付けた この手の動きを覚えるのに 一苦労したなぁ。

  国立で聴いて以来、より一層 名曲になったような気がする。

  メンバー同士の愛を感じた瞬間だった。

さあ、いよいよテレビ初披露となる、新曲『ワイルド アット ハート』♪

 ・お揃いの衣装だ! チェックのシャツがお揃いだ!

  かわいいのに、かっこいい。 かっこいいのに、かわいい。

  好きだ。 この衣装が好きだ。

 ・久々な この感じ♪ いいぞー、踊ってくれー!

  大野さんの足さばきに 釘づけだ。

 ・おぉ~、スタンドマイク!

  スタンドマイク好きには たまらない。

 ・「Ah~」と歌うポーズがキュートすぎる~。

  このイントロ、好きすぎる~。

 ・「どれだけ逃げても明日は」の大野君&松本君。

  クイクイクイ クイクイクイと踊るところは、逃げていく感じを表現か?

 ・大野さん、痩せたなぁ。

 ・いやいや、翔さんは もっと痩せたなぁ。

  ドラマ撮影、大変なんでしょうねぇ。

 ・何度も言うが、この衣装が好きだ。 大好きだ。

 ・大野君は、素肌にシャツですか。 よっ、ワイルド!

  お腹がチラリズム♪

 ・5人の振りが揃っていて、ワクワクする。

  超絶楽しい振り付けだ。 せめて、サビだけでも覚えたい。

 ・にゃんにゃんポーズをさりげなくキュートにやってのける5人。

 ・スタンドマイクを倒すタイミングも角度もぴったり合っている。

  お見事なのである。

 ・細かい手の動きだ。

  覚えるのに一苦労するぜ。

 ・あれ? 相葉さんの指の形が違ってる?

 ・いつでも どこでも、大野君の指先は美しい。

 ・「息切らして走るday by day」だけをリピート。

  なんて耳心地のいい歌声なんだろう。

  なんてキレのある動きなんだろう。

  横移動、よし!

 ・「似合わない」の背中の反りが、妙にセクスィ~。

 ・わーい! 縦一列に並んだ。 カウントずれだ!

  ひょいと起き上がる大野君が最高~。

 ・どうしても、大野君ばかりを目で追ってしまう。

 ・大野さんを除く4人が集まるところのワキャワキャな感じがHappy超。

 ・「通りゃんせ」チックな振りも、いと楽し。

 ・ハイ、指さし確認、OK!

 ・2番は、振り付けも パート分けも、最高っすよ。

 ・あっ、スタンドマイクを持ったまま、5人が真ん中に集まった。

  立て膝、かっけぇ~!

 ・なるほど。 小指=約束 か。

 ・「たとえ倒れたときは」の櫻井君&二宮君の動きがシンクロ超!

 ・「この手差し伸べるから」の5人の手の動きもシンクロ超超!

  歌声も素敵なハーモニー♪

  こういうところが好きなんですよねぇ。 キュンとする。

 ・お見事な蹴りです、松本さん。

 ・最後まで振りが揃っていて、気持ちいい~。

 ・よっ、ナイスフォーメーション!

 ・歌番組に限り、カメラ好きとなる大野さん。

  今日も、最後はカメラ目線♪

『ワイルド アット ハート』、これはクセになる。 好きになる。

コンサートで盛り上がっている場面が目に浮かぶぞ。

一緒に踊りまくって、盛り上がりまくるに違いない。

踊りに目がいってしまいましたが、この歌詞も素敵♪

胸に響くフレーズが散りばめられていますよね。

深いな。 深いぞ、この歌。

それに、今回はナイスなカメラワークでしたよね。

観客の皆さんの手が映り込むってところも少なめだったし。

やっぱり、歌って踊る嵐さんは、最強で最高!

それを実感しましたよ。

近頃、歌う嵐や踊る嵐に飢えていたので…。

それにしても、スタンドマイク、うれしかったなぁ。

少年隊のファンだった頃から、好きなんですよねぇ。

スタンドマイクならではの動きが たまらないのです。

ヘッドセットで 激しく ガシガシ踊るのも大好きなのですが、

心を奪われるような麗しく艶やかな踊りも大好きなのですが、

今回のような 観ていて楽しくなる感じもいいんですよね。

これも、『ハダシの未来』のように、

ライブで、ファンの皆さんと一緒に踊る曲になるのかも?

いやあ、最初から最後まで楽しかった♪

まさか、フルで歌ってくれるとは。

ありがとー!!

これで、しばらく頑張れる。

忙しくても頑張れる。

明日は、『日テレ系音楽の祭典・音楽のちから2012』。

今週は、歌番組が続くので、とてもうれしいです。

うんうん。

やっぱり、歌って踊る嵐さんは、最強で最高だ。

今年は、いっぱい歌って、いっぱい踊ってくださーい!

|

« 濃密泡に、うもれましょう | トップページ | 願い »

」カテゴリの記事

歌番組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。