« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月 8日 (月)

熱き魂は永遠に

8月4日。

大好きだったサッカー選手が亡くなりました。

松本山雅FCのDF 松田直樹選手。

練習中に倒れたというニュースを聞いてから、

目を覚ましてほしい、元気になって戻ってきてほしいと、

ひたすら、ただひたすら祈っていたのですが、

34歳という若さで逝ってしまいました。

早すぎる。 早すぎるよ。

カズさんがやめるまでサッカーを続けるって言ってたのに。

松本山雅をJ2へ、そしてJ1へ上げるって言ってたのに。

志半ばで この世を去ることになるなんて。

ここ数日、今の気持ちを言葉にできず、

書いては消し、書いては消してを繰り返してきました。

この事実を受け止められないというか、

認めたくないというか、

現実のこととは思えなかった。

なんか、うまく 心の整理ができなかったんですよねぇ。

松田選手は、心の底からサッカーが大好きで、

たとえ屈強な外国人選手が相手だろうと当たり負けしない、

ほんとに体も心も強い選手でしたよね。

代表の時など、味方にすれば頼もしいけれど、

Jリーグなど、敵となればイヤな存在の厚い高い壁だったし。

そして何より、熱いハートを持ち続けていました。

ピッチの中でも外でも、時にワクワク、時にハラハラさせられて、

私たちは目が離せなかったんです。

サッカーへの思いがあふれすぎて、

それをストレートにしか表現できないから、

その言動により、いろいろな事態を招きましたが、

ただ、「勝ちたい」、「負けたくない」、「強くなりたい」、

「サッカーをやりたい」という一心だったんですよね、きっと。

大人になっても、やんちゃなサッカー小僧みたいな人だった。

ルーキーシーズンで開幕スタメンに抜擢され、

それからマリノス一筋16年間。

ミスターマリノスは、誰よりトリコロールのユニフォームが似合っていた。

そして、誰よりマリノスが大好きだった。

その松田選手がマリノスを去らざるをえなくなった時、

新天地として選んだのは、JFLの松本山雅FC。

やっとモスグリーンのユニフォーム姿にも見慣れてきたのに。

これから、もっともっと似合っていくはずだったのに。

新たな目標を掲げ、まだまだ、これからだった。

必ずJリーグに戻ってくると、心待ちにしていたのですが、

本当に残念です。

最後まで諦めない姿勢や、1対1で負けない強さ、

後ろからゲキを飛ばす姿や、

うぉー!と叫びながら 前へ前へと駆け上がるプレーも、

松田選手は、本当に魅力あふれるプレーヤーでした。

何より、仲間を大切にする心意気がかっこよかった。

でもね、本当はね、人一倍 寂しがり屋だったんじゃないかなって思います。

そちらで、一緒にボールを蹴る仲間は見つかりましたか?

ありがとう、マツ。

あなたの熱き魂は、私たちの心の中で永遠に生き続ける。

いつまでも、あなたの笑顔を忘れないよ。

天国でも大好きなサッカーを続けてくださいね。

でも、今までずっと全力で走り続けてきたのだから、

少しゆっくり休んでね。

マツ、サッカーが楽しいって、面白いって、教えてくれてありがとう!!

| | コメント (2)

2011年8月 4日 (木)

「亀ちゃん」 2011.06.24

6月24日(金)から26日(日)まで、東京ドームで行われた、

「嵐のワクワク学校 ~毎日がもっと輝く5つの授業~」。

チャリティーイベントとして、嵐さんが授業をするという

今までにない試みだったため、どんな展開になるのか皆目見当がつかず…。

まさに「ワクワク」状態で、24日17時からの公演に行ってきました。

筆記用具とノートを持参して、久しぶりの学生気分♪

今回ばかりは、真面目な生徒でしたよ。 ええ。

5人の先生の話を、せっせとノートに書き留めていましたから。

この日のような熱心な姿勢で、学生時代の授業にも取り組んでいたら、

もっとたくさんの物事が身についていたのかもしれませぬ。

人は これを 「後の祭り」と言う…。

とても素敵なイベントで、内容盛りだくさんな授業でしたので、

漢字やひらがなが筆記体のように繋がっている文字たちを解読して、

次のエントリーで 24日の模様をお伝えしたいと思います。

ではでは…、

以下、6月24日(金)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2011年6月24日(金) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

毎週金曜日は、いただいたメッセージにお答えしていきます。

  (BGM: ♪『まだ見ぬ世界へ』)

さあ、1つめは、こちら。 ミズキさんから。

「この前、ニノが、

大野君が亀梨君に絵を描いたという話をしていましたが、

どんな絵を描いたのですか?

亀梨君に 無事に絵は渡せましたか?

ぜひ教えてください。」

ほう。

えー、これは、そうです。 渡しましたね。

もうね、亀ちゃんはね、

10年ぐらいね、僕に言い続けてくれていましてね。

でね、今年のね、1回、

ミュージックステーションに一緒に出た時に…。

で、亀ちゃんが、また、「いつ描いてくれるんですか?」つって。

「だから、写真持ってきたら描くよ」つって。

それ、10年、この会話をしてて。

ほんでね、その何日か後にね、

自分のね、写真かな…、持ってきてくれて。

あっ! ほんと 持ってきた と思って、

あっ、もう、これ、描かなきゃ と思って。

もう、10年 言ってくれてたしね。

俺、もう、10年描いてないしさ。

んふふふっ。

ちょっと、これは ひどいな と思って。

結構、でかい。 手を広げたぐらいのね、大きさ。

両手 広げたぐらいの。 …のをね。

ほんで、亀ちゃんの顔ですよ。 ええ。

それ、描きましてね。

しかも、水彩で描きました。

あんなに亀ちゃんを…、亀ちゃんのことを思った日はなかったです。

渡して…、あの、すごく喜んでいただけて よかったです。

どうもありがとう。

続きまして、コウちゃんから。

「私はキムチが苦手です。 辛いからです。

でも、周りに好きな人が多くて 困っています。

大野さん、キムチを好きになるのには、どうすればいいですか?」

はあ。 辛いのね。

僕ね、なんだ…、あの、

ちょっと前に、友達と 韓国料理屋に行ったんですよ。

うん、イマイチ辛くねえな、つって。

ほんでね、青唐辛子ね、刻んであるやつ、それ…、

それを入れて、混ぜて食べると、辛いけど 美味しい みたいのがあって。

で、それをね、ちょっと食べたの。 それだけ。

俺、あんまり、辛いの平気なんだけど、全然。

今までで食った中で、一番辛くて。

口の中、もう、何…? 痛いし。

カァーッってなってるし。 涙… ちょっと出るし。

もう、よだれも出るし。 痛いの、辛くて。

汗出るしね。 ビックリした。

青唐辛子の恐ろしさを知りましたよ。

でも、今、もう一回、韓国料理屋 行ったら、

もう一回やると思うよ。

なんか、やっぱ、俺…、Mなのかな?

刺激を求めてるみたい。

だから、コウさん、ドMになることです。

ということで、毎週金曜日は、

いただいたメッセージにお答えしていきます。

メールでお待ちしています。

メールアドレスは、arashi@fmyokohama.co.jp です。

たくさんのメッセージ、お待ちしていまーす!!

では、また来週! 大野智でした!

--------

大野君が亀梨君の絵を描いてプレゼント♪

このエピソードについては、

7月31日放送の『Mラバ』で、亀梨君ご本人が話していましたね。

その絵を見せてくれたら 最高だったのですが、うーん 残念。

まあ、想いが込められた 大切な絵ですから、致し方なしですな。

二宮君のラジオでも話題になっていましたよね~。

いやあ。無事に 亀梨君に渡せてよかった!

なんでも、亀ちゃんに 絵を渡そうとしていた日は、雨だったとか。

水彩で描いたから、雨を気にしていたそうで。

亀ちゃんから連絡が来ないって気にしている姿が、

恋人からの連絡を待っているかのようだったって、

二宮君は話していましたよね。

ニノちゃんったら、ちょっと妬けちゃったのかも?

この話題の最後に言った「どうもありがとう」の言葉が、

まっすぐな声で発せられていて、

なんとも先輩っぽく、そして優しく、素敵な響きでした。

大野君って、本当に思いやりのある人なんだなぁと実感。

どんな人にも真摯な姿勢で接するんでしょうねぇ。

相手の想いを汲み、労力を要することなど厭わない。

しかも、それを さらっと やってのけちゃうところが素晴らしい。

それにしても、あの大野君をもってしても、

涙やら よだれやらが出てしまうほどの辛さって、一体…?

青唐辛子、恐るべし。

そんなものを私が食べたなら、確実に粘膜をやられてしまいますな。

大野智、30歳、青唐辛子に刺激を求める男なり。

| | コメント (2)

2011年8月 3日 (水)

「夜の部」 2011.06.23

6月23日放送の『VS嵐』。

ゲストは、女子アスリートチーム。

プラスワンゲストは、楽しんごさん。 ← 通称:楽さん(byニノ)

W杯優勝を果たした後の今、改めて この日の放送分を観ると、

また違った発見もあって、なかなか面白いものですねぇ。

ツボの覚え書きをば。

・楽しんごさんのお気に入りは、ニノ。

・バドミントンをする大野君が見られた♪

・ジャンピングシューターの大野君と相葉君。

 息が合いすぎて、同じトランポリンに行っちゃった。

 「あたふたする」って 辞書で引いたら出てくる動き(by翔さん)。

・澤選手のシュートを受けた 世田谷のシジマールは、走馬灯が見えかけた。

 シジマールの動きが懐かしい!

 あれ? 「港区のシジマール」から、「世田谷のシジマール」にチェンジ?

・キッキングスナイパーで、やや残念な結果となっちゃった澤さん。

 「言いましたよね、本番弱いって」と、弱気な発言を強気に語る。

・クリフクライムのクライマーは、大野君と松本君。

 順番決めジャンケンに負けて撃沈するは、大野君。

・楽しんご+N・S・A、4人揃って ラブ注入。

 足の角度までピッタリ♪

・“欲しんご”となった Oさん。

・壁を華麗によじ登る大野さんが素敵すぎる♪

 見事 パーフェクト達成!

・あるところをぶつけて、痛がる大野君。

 足はVS嵐のポーズ、手はハートで、ラブ注入中。

・バウンドホッケーに挑む女子アスリートチーム。

 ゴールの点取る人が本番に弱い人(byニノ)。

・結果、ガンガン ゴールを決めて、点取り屋の澤さん。

 結構できる子(by澤さんご本人)。

 実は、全然本番に弱くはなかったっていう。

W杯優勝後、なでしこジャパンにお祝いメッセージを贈っていた嵐さん。

「本番に強すぎましたね(笑)」って。

んふふ、「結構できる子」なんです、ええ。

ねっ? 澤さん。

ではでは…。

以下、6月23日(木)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2011年6月23日(木) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

「四六時中」

   (BGM: ♪『まだ見ぬ世界へ』)

ほう。

もう、ずーっと ってことですよ。 ええ。

これは、「一日中、日夜、いつも」という意味です。

昔は、一日が十二刻であったところから、

「二六時中」と言っていましたが、

今は24時間なので、こう言うようになりました。

ほう~。

なるほど。

四六時中ね。 うん。

一日中… やったりすることですよ。

んふっ。

まさに、僕ですね。 これ。

いやあねぇ、こないだね、友達と3人でですね、

公園に行きました。

アスファルト公園ですかね。

行きました。 走らせましたね。

で、4時ぐらいから走らせて、

だいたいね、バッテリーがね、2時間…。

走らせて、2時間 走らせるバッテリー…。

ほんで、ずっと走らせて…。

そしてね、面白いのが、なんともねぇ、

まだ 3人、下手くそなんで。

鬼ごっこをする、と。

ボディーに当てた人が鬼みたいな。

それをね、ずーっと2時間やって、

もう、とうとう バッテリー切れちゃって。

んで、動かなくなったの。

ああ、もう、やっぱ、そうか。

あっ、ほんと、ちょうど2時間分だな、つって。

そろそろ腹へったね、つって。

バッテリーも切れたことだし。

ほんで、友達が、近場に知ってる店があるから、じゃあ行こう、つって。

で、行きまして。

そこの店で、「ちょっと、ほんと 申し訳ないんですけど」つって。

「充電させてもらっていいですか?」つって。

んで、1時間半ぐらい メシ食って、充電させてもらって。

えー、だから、8時過ぎです。

で、9時から 夜の部だ、つって。

んふふふっ。

ほんで、また 公園行って。

夜の部、再開しました。

一日、四六時中、やってました。 ええ。

また、レースしたら、話したいと思います。

以上、大野智でした。

--------

夜の部もやっちゃったようで。

ってか、「夜の部」って表現が、本格的っぽくて ウケる。

公園で 大人3人が ラジコンで鬼ごっこしている姿って、

なかなか見られない光景ですよねぇ。

大野君、ほんとにラジコンに夢中なんですね。

食事をしている間に充電させてもらおう、って思いつくほどに。

いやあ、それにしても、

充電させてくれるなんて、そのお店の人は優しいですなぁ。

ラジコンを一緒にやっている友達って、どんな人たちなんだろ?

興味深いです。

| | コメント (2)

2011年8月 1日 (月)

「スピーカーの使い方」 2011.06.22

日立さんのビートウォッシュのCM、「2つの洗濯槽」篇。

朝のワイドショーでメイキングを観た時から、

オンエアを楽しみにしていたんですよね~。

んもうー、絶妙~!!

先輩洗濯槽の大野君と、新人洗濯槽の相葉君。

2人の衣装の色合いが違う、と。

生成りっつーか、やや時間の経過を感じさせるアイボリーの色が、

大野君のやわらかさを よりアップさせている。

素晴らしい。

右斜めを見上げ、力説する先輩・大野君。

どうやら、残念ながら、汚れは勲章ではなかったらしい。

「何!?」の顔が絶妙。

「うわぁ~!」の顔が、これまた絶妙。

「ホント?」の腰が引けてるところも、内股の足も、絶妙超~!

完全に弱気じゃないすか、先輩。

最初の威厳は、いずこに?

2人の掛け合いが、最高ですよね。

相葉君の かぶせ気味の「ホントに!」もナイスです。

「しかも省エネ!」の時の2人は素足。

その素足の大野君の足首と足の甲をガン見ing…。

くるぶし&土踏まずが美しいぞ♪

ではでは…。

以下、6月22日(水)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2011年6月22日(水) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

「宝の持ち腐れ」

   (BGM: ♪『まだ見ぬ世界へ』)

ほう。

宝物が腐ったんですよね。 ええ。

そのままですけど。

読んでみますか。

これは、「役に立つものを持っているのに、それを利用しないこと」。

おぉ。

「持っている才能や技術を活用することなく、無駄にしていること」を

意味します。

なるほどね。

これ あるのに、みたいな。

なんで 使わないんだ? 活用しないんだ? ってことか…。

ああ、でもね、たぶん…。

ああ、ありますわ。

最近、でも、やっと使い出したのがありますね。

ほんと 最近。

あのー、音楽…、携帯音楽プレーヤーの、…に使用できる、

その…、でっかいスピーカーがあるんですけど。

去年の誕生日に、姉ちゃんからプレゼントされたの。

ダンボールに入ってて、それを送ってもらって。

それをね、おいら、絵 描いてて、絵の横に、それ 置いといたの。

そしたら、いつしか、絵の具やパレット置き場になってて。

もう、ほんと、ちょうどいい高さだったわけ。

そこ 置くのに。

で、ある時、友達が家に来て、

「これ、スピーカーじゃ…?」っつって。

そこで思い出して。

「あっ、そうだ。 それ、スピーカーだ!」っつって。

超いい音が出るのよ。

今や、もう、それが一番活躍してる。

ええ、いやあ、気づかない…。

気づかなくなるもんですね。 ええ。

ちょっと、いろいろ周りを、今後、見ていこうと思いますよ。 ええ。

友達、ありがとう。

姉ちゃん。

つーか、ごめんねっ!

以上、大野智でした。

--------

スピーカーが日の目を見ることができてよかった。

絵の具やパレット置き場じゃなくて、

スピーカーとしての本来の働きができてよかった。

スピーカーさん、おめでと~!!

お姉さんからお誕生日プレゼントが届いたんですね。

相変わらず 仲良しこよし♪

超いい音が出るスピーカーとは、ナイスなチョイスっす。

ってか、11月にもらったものを最近使い始めたって、

結構 寝かせていましたよね。

でも、今 大活躍しているのなら 何より♪

「姉ちゃん。 つーか、ごめんねっ!」の言い方が、

めちゃくちゃ かわいかった!!

弟モード全開で、「ごめんねっ!」って。

くぅ~♪

もう、許す。 許しちゃう。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »