« 「夜の部」 2011.06.23 | トップページ | 熱き魂は永遠に »

2011年8月 4日 (木)

「亀ちゃん」 2011.06.24

6月24日(金)から26日(日)まで、東京ドームで行われた、

「嵐のワクワク学校 ~毎日がもっと輝く5つの授業~」。

チャリティーイベントとして、嵐さんが授業をするという

今までにない試みだったため、どんな展開になるのか皆目見当がつかず…。

まさに「ワクワク」状態で、24日17時からの公演に行ってきました。

筆記用具とノートを持参して、久しぶりの学生気分♪

今回ばかりは、真面目な生徒でしたよ。 ええ。

5人の先生の話を、せっせとノートに書き留めていましたから。

この日のような熱心な姿勢で、学生時代の授業にも取り組んでいたら、

もっとたくさんの物事が身についていたのかもしれませぬ。

人は これを 「後の祭り」と言う…。

とても素敵なイベントで、内容盛りだくさんな授業でしたので、

漢字やひらがなが筆記体のように繋がっている文字たちを解読して、

次のエントリーで 24日の模様をお伝えしたいと思います。

ではでは…、

以下、6月24日(金)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2011年6月24日(金) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

毎週金曜日は、いただいたメッセージにお答えしていきます。

  (BGM: ♪『まだ見ぬ世界へ』)

さあ、1つめは、こちら。 ミズキさんから。

「この前、ニノが、

大野君が亀梨君に絵を描いたという話をしていましたが、

どんな絵を描いたのですか?

亀梨君に 無事に絵は渡せましたか?

ぜひ教えてください。」

ほう。

えー、これは、そうです。 渡しましたね。

もうね、亀ちゃんはね、

10年ぐらいね、僕に言い続けてくれていましてね。

でね、今年のね、1回、

ミュージックステーションに一緒に出た時に…。

で、亀ちゃんが、また、「いつ描いてくれるんですか?」つって。

「だから、写真持ってきたら描くよ」つって。

それ、10年、この会話をしてて。

ほんでね、その何日か後にね、

自分のね、写真かな…、持ってきてくれて。

あっ! ほんと 持ってきた と思って、

あっ、もう、これ、描かなきゃ と思って。

もう、10年 言ってくれてたしね。

俺、もう、10年描いてないしさ。

んふふふっ。

ちょっと、これは ひどいな と思って。

結構、でかい。 手を広げたぐらいのね、大きさ。

両手 広げたぐらいの。 …のをね。

ほんで、亀ちゃんの顔ですよ。 ええ。

それ、描きましてね。

しかも、水彩で描きました。

あんなに亀ちゃんを…、亀ちゃんのことを思った日はなかったです。

渡して…、あの、すごく喜んでいただけて よかったです。

どうもありがとう。

続きまして、コウちゃんから。

「私はキムチが苦手です。 辛いからです。

でも、周りに好きな人が多くて 困っています。

大野さん、キムチを好きになるのには、どうすればいいですか?」

はあ。 辛いのね。

僕ね、なんだ…、あの、

ちょっと前に、友達と 韓国料理屋に行ったんですよ。

うん、イマイチ辛くねえな、つって。

ほんでね、青唐辛子ね、刻んであるやつ、それ…、

それを入れて、混ぜて食べると、辛いけど 美味しい みたいのがあって。

で、それをね、ちょっと食べたの。 それだけ。

俺、あんまり、辛いの平気なんだけど、全然。

今までで食った中で、一番辛くて。

口の中、もう、何…? 痛いし。

カァーッってなってるし。 涙… ちょっと出るし。

もう、よだれも出るし。 痛いの、辛くて。

汗出るしね。 ビックリした。

青唐辛子の恐ろしさを知りましたよ。

でも、今、もう一回、韓国料理屋 行ったら、

もう一回やると思うよ。

なんか、やっぱ、俺…、Mなのかな?

刺激を求めてるみたい。

だから、コウさん、ドMになることです。

ということで、毎週金曜日は、

いただいたメッセージにお答えしていきます。

メールでお待ちしています。

メールアドレスは、arashi@fmyokohama.co.jp です。

たくさんのメッセージ、お待ちしていまーす!!

では、また来週! 大野智でした!

--------

大野君が亀梨君の絵を描いてプレゼント♪

このエピソードについては、

7月31日放送の『Mラバ』で、亀梨君ご本人が話していましたね。

その絵を見せてくれたら 最高だったのですが、うーん 残念。

まあ、想いが込められた 大切な絵ですから、致し方なしですな。

二宮君のラジオでも話題になっていましたよね~。

いやあ。無事に 亀梨君に渡せてよかった!

なんでも、亀ちゃんに 絵を渡そうとしていた日は、雨だったとか。

水彩で描いたから、雨を気にしていたそうで。

亀ちゃんから連絡が来ないって気にしている姿が、

恋人からの連絡を待っているかのようだったって、

二宮君は話していましたよね。

ニノちゃんったら、ちょっと妬けちゃったのかも?

この話題の最後に言った「どうもありがとう」の言葉が、

まっすぐな声で発せられていて、

なんとも先輩っぽく、そして優しく、素敵な響きでした。

大野君って、本当に思いやりのある人なんだなぁと実感。

どんな人にも真摯な姿勢で接するんでしょうねぇ。

相手の想いを汲み、労力を要することなど厭わない。

しかも、それを さらっと やってのけちゃうところが素晴らしい。

それにしても、あの大野君をもってしても、

涙やら よだれやらが出てしまうほどの辛さって、一体…?

青唐辛子、恐るべし。

そんなものを私が食べたなら、確実に粘膜をやられてしまいますな。

大野智、30歳、青唐辛子に刺激を求める男なり。

|

« 「夜の部」 2011.06.23 | トップページ | 熱き魂は永遠に »

大野智君」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

『ARASHI DISCOVERY』ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

ゆなさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい!

大野君が言った「どうもありがとう」は、とても優しい響きでした。
心からの言葉だって伝わってきました。

キムチか…。
あまり食べないんですよねぇ、私。
豚肉やネギなどと一緒にキムチ鍋にして食べるくらいなかなぁ。

基本、辛いもの、特に唐辛子系が苦手なので、ラー油もあまり使わないっす。
でも、山椒や胡椒は好きなので、ガンガンかけちゃいます。
舌がビリビリする感じもOK♪
しびれる~!って言いながら食べております。

投稿: あおぞら→ゆなさん | 2011年8月 8日 (月) 01時56分

こんばんは

レポの「どうもありがとう」で、気持ちが暖かく、優しくなれた感じがします
素敵。

キムチってどう食べる?焼肉で葉ものとお肉を包んで食べる時だけだなぁ単品じゃ辛いじゃない?

昨日、お昼に冷し中華を食べたくて中華屋行きました(も〜 しやがれ 観てから気になって)。
メニューは「りゃん麺」とやらで、私が求めたイメージの冷やし中華がなかったので
胡麻坦々ダレの麺を頼みました。

おいしいけれど、甘味が強くて飽きちゃったので 「最後は味を変えるんだったな」と ラー油を垂らして 口へ。

手作りラー油の様で、山椒が香って箸もすすみました
が、そのあとビリビリと口の中で爆竹弾ける

いや〜ラー油で智くんの味覚に近づけるかと思ったけど 甘かったみたい。


〜業務連絡〜
明日、ドームの看板画像送信します

投稿: ゆな | 2011年8月 5日 (金) 02時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「夜の部」 2011.06.23 | トップページ | 熱き魂は永遠に »