« 「生涯忘れない踊り」 2011.04.05 | トップページ | 「大人の階段昇る」 2011.04.07 »

2011年4月24日 (日)

「残っているもの」 2011.04.06

4月6日…。

我が家の近くの小学校では、入学式が行われていました。

今年は 桜が咲き始めるのが遅かったのですが、

まるで 入学式の日を待っていてくれていたかのようなタイミングで満開♪

その満開の桜の下で記念撮影をしているピカピカの新1年生が、

とってもちっちゃくて、とってもかわいくて。

みんな、何とも言えない いい顔をしていました。

春、新たなスタートの時ですね。

新入生のみなさん、おめでとうございます!

ではでは…。

以下、4月6日(水)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2011年4月6日(水) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

「学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、

なお残っているもの、それこそ教育だ。」

   (BGM: ♪『Lotus』)

これだよね!

まさに、もう、これ、すごいわ。

このとおりですよ、ほんとにね。 ええ。

これはですね、ドイツ生まれのですね、

理論物理学者 アルベルト・アインシュタインさんの言葉です。

知識を全部忘れてしまっても、それでも残っているもの、

それは体験であり、経験であり、

感覚として体にしみついた印象だということです。

なるほどね。

そりゃそうですよ。

僕ね、残ってることがね、ある…。

言葉というかね、覚えてることがね、ありますね。

僕ね、社会の先生だったかな?

中学校の時に。

たぶん、教え方がうまいのか、

何かがあったんでしょうね。 先生に。

その社会の先生ってのはね、

まあ、最初、地理からやるわけですけど、

あのね、1時間ね、先生一人でしゃべるの。

それだけなの。

聞いてるだけなの。

面白いでしょ? ひたすら、しゃべるだけ。

ふふっ。

ほんで、今日学んだことを1つのプリントにして、

最後、渡して終わる。

面白いの、話が。

だから、ずーっと聞けるんだけど。

まずね、あれですね…、バチカン市国。

これは、世界で一番ちっちゃい国なの。

…って言われたのを覚えてます。

あとね、車を最初に作ったのは、ヘンリー・フォード。

これも忘れないんだよね。

あっ、あと もう1個!

思い出した。

数学の先生でね、えー、10万円の自転車を買った時…。

んふふふっ。

欲しくて、買ってしまった。

これも覚えてますね。

以上、大野智でした(笑)。

--------

大野さんの覚えていること…。

まさかの「バチカン市国」。

そして、「ヘンリー・フォード」。

ラストは、「数学の先生が10万円の自転車を欲しくて買ってしまった」。

んふふっ、面白い。

「えっ? そこ?」ってなラインナップが 面白すぎる。

おそらく 大野君の中学時代の社会の先生は、

授業中、もっといろんな話をしていたはずだと思うのですがねぇ。

よっぽどインパクトがあったのでしょうか、バチカン市国♪

そういえば、私の高校の世界史の先生は、

歴史上の人物がみんな、 まるで 先生の知り合いなのか ってな感じで

話していたんですよねぇ。

「その時、ナポレオンは こう言ったの。」とか言って、

身ぶり手ぶりで その場面を演じながら、語ってくれたんです。

「えっ? その場にいたの?」っていうくらいの勢いで。

先生が熱演している姿は覚えているものの、

何を話していたかの記憶はなし。

内容を覚えていないっていう、残念な結果に。

時代背景も、出来事も、人物名も、ごっちゃごちゃ。

アウストラロピテクスあたりで終わってます…。

世界史の試験に苦労したことは言うまでもありませんな。

|

« 「生涯忘れない踊り」 2011.04.05 | トップページ | 「大人の階段昇る」 2011.04.07 »

『ARASHI DISCOVERY』ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

ゆなさんへ

んふふっ、久々の登場 ありがと~♪

へぇ~、世界史を選択する人がいなかったんだね。
受験には、日本史のほうが有利なんだったっけ?
世界史は興味深いんだけど、覚えられないんですよねぇ。
まあ、正しくは「覚える気がない」ってやつですが。

「エ」と「ア」の中間の発音ができない英語の先生か…。
その先生もご苦労なさっていたのではないかと。
「L」と「R」はOKでした?
私は 英語の辞書の中でも、発音記号を見ているのが好きだったなぁ。
もうすっかり忘れてしまっているんですけどね。

投稿: あおぞら→ゆなさん | 2011年4月26日 (火) 19時13分

ますみんさんへ

おっ、ますみんさんの世界史の先生もそうだった!?
授業中は、「へぇ~」とか「ふ~ん」とか感心しながら聞いていたんだけど、
肝心なことを覚えていないんですよねぇ。
かといって、日本史を覚えているかっていうと、そうでもないっていう…。
ええ、非常に残念な結果です。

やっぱり大野君は独特な感性の持ち主ってことで♪
でも、授業をしっかり聞いていたようですね。

投稿: あおぞら→ますみんさん | 2011年4月26日 (火) 19時06分

ども〜久々に登場です
私の通った高校は選択制で世界史をとる人いなかったの。受験用の日本史か、倫政、稀に地理。
今更だけど世界史も習いたかったな。

思い出深い先生と言えば、英語の先生。
「エ」と「ア」の中間の発音ができないので「エア」って言ってたの
で、どんな単語だったかって…覚えてない


たまには辞書でもめくって思い出さなきゃ

投稿: ゆな | 2011年4月26日 (火) 01時54分

なんか世界史の先生ってそういう人多いのかな。
私の高校の先生もそうだった!
ダーッとかドカーンとか擬音満載で迫力あったから面白かったけど、内容は覚えてない、みたいな(-_-;)
日本史受験にしたのは言うまでもない(+_+)
しかし、智くんはさすがだね。
目の付け所が凡人とは違う(^m^)

投稿: ますみん | 2011年4月25日 (月) 17時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「生涯忘れない踊り」 2011.04.05 | トップページ | 「大人の階段昇る」 2011.04.07 »