« 「終わるまで ちゃんとやる」 2011.04.04 | トップページ | 「残っているもの」 2011.04.06 »

2011年4月21日 (木)

「生涯忘れない踊り」 2011.04.05

先日、美容室へ行った時のこと。

おや? 見慣れない顔のスタッフが、2人いる…。

そう、その2人は、4月に入社したばかりという、

いわゆる新入社員の方々だったんです。

初々しい。 実に、初々しい。

もうね、歩き方でわかるんですよねぇ。

戸惑いが見えるというか、緊張感が伝わるというか。

思わず、「ファイト~!」って声をかけたくなるような。

見えるもの、聞こえるもの、感じるもの、すべてが新しいことのように思えて、

何をするにもドキドキしたりするもんですよね、こういう時って。

でもね、これが1か月後、3か月後、半年後と、

みるみるうちに成長しちゃって、歩き方もリズミカルに、

胸を張って接客できるようになるから、すごいですよね~。

新入社員らしき方々を見かけると、

春であることを、4月になったことを実感します。

で、私も こんな時があったのかなぁ~と、物思いにふける。

ちょっと、フレッシュな感覚を取り戻したような気がしたりして。

よしっ、明日から、改めて、新鮮な気持ちで 仕事に取り組もう!

まずは、ゴールデンウィークまで頑張ろう。

えっ? あと1週間ちょっとですけど、何か?

ではでは…。

以下、4月5日(火)の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2011年4月5日(火) O.A.分

おはようございます。 嵐の大野智です。

今日の一言、カモン!

「魂のこもった青春は、そうたやすく滅んでしまうものではない」

   (BGM: ♪『Lotus』)

なるほど。

これ、どういったこと…? ねぇ。

まあ、なんとなく、わかりますけど。

これはですね、

ドイツの小説家 ハンス・カロッサさんの言葉です。

魂をこめて、本気で挑めば、貫くことができるんです。

なるほど。

みなさん、青春ですか?

僕はですね、毎日、青春です。

僕はね、20代は、まあ、もちろん、

もう 嵐でしたから、毎日、青春でしたよ。 ええ。

まあ、いろんなこと ありましたけど。

そうだな、僕が若い時、

まあ、10代の頃に、青春を感じたのはね…。

やっぱね、本気でやったことってね、

踊りだったかな。

極めたい、とかなんか。

もっと自由自在に踊れるようになりたい、とかね。

あのね、その…、うまい人のビデオをね、

なん…、何回 観たんだろうね?

最後、観れなくなった。

テープがおかしくなって。

相当 観たね。 毎日。

そんでね、面白いことにね、

普通、観るんじゃなくて 動けよ、と思うじゃん。

見よう見まねで。

でも、僕はね、とにかく…、もう とにかく観たの。

とにかく観るとね、完全コピーができるんですよ。

で、本番にやるじゃん。

で、それ、モニター、録っておいてもらって、ビデオに。

で、観た時に、あっ… できた と思った。

あれはね、びっくりした。

あっ! おぉ、超似てる! とか思いながら。

んふふふっ。 ええ。

いや、だからね、これ…、

動かすことも大切ですし、観ることも大切ですよね。 ええ。

だから、あの踊りは、生涯忘れないですね。

僕の中で。 はい。

以上、大野智でした。

--------

大野君が青春を感じたのは、やっぱり踊りなんですね。

「極めたい」って言葉が、大野君らしいというか、

本気度を感じさせるというか。

さぞかし、ストイックに取り組んでいたのではないかと。

大野君の踊りは、見る人を惹きつけるものがあって、

いつの間にか目を奪われてしまうんですよねぇ。

それは、Jr.時代から持ち合わせた大野君の魅力♪

たとえ ライトも当たっていないバックで踊っていても、輝いて見えて。

もう、『KYO TO KYO』のビデオの「千年メドレー」を何度繰り返し観たことか。

テープが伸び切っちゃうんじゃないのってな勢いでリピートしました。

ただただ、バックで踊る大野君をずっと観ていたんですよねぇ。

くぅ~、生で観てみたかった…。

やっぱり、踊る大野智は、最強で最高です!!

踊らずに、とにかくビデオを観続けて、

とにかく観てから踊ったら、完全コピーができたという大野さん。

あれ? こんな感じの話、どこかで聞いたことがあるような…。

確か、伊藤若冲さんは、鶏の絵を描くために、

ずーっと 鶏を観察していたんですよね。

絵に描くことをせず、ただただ ずーっと 鶏を観察していた、と。

そして、いざ絵にした時には、あのような素晴らしい鶏を描いていた、と。

伊藤若冲と大野智…。

何か共通するものがあるのではないかと思えてならない。

|

« 「終わるまで ちゃんとやる」 2011.04.04 | トップページ | 「残っているもの」 2011.04.06 »

『ARASHI DISCOVERY』ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

るーちゃんさんへ

うん、そうなんですよね。
ほんと、大野君の発する言葉は何か心に残る。
ハッとさせられるというか、改めて気づかされるというか。
シンプルで飾らない言葉で核心を突いてくるというか。
まさに、言い得て妙。
ぜひ『大野智名言集』を発売していただきたいですな。

大野君のあの華麗な踊りは、たくさんのレッスンを積んできた努力の賜物のはず。
なのに、「好きだから」とか「極めたいから」とか さらっと言って、
努力してる姿を表に出さない。
そういうカッコよさにも惚れてしまいますよね。

私も確実に、努力したり苦労したりしたことをアピールしちゃいますよ。
「やったどー!」つって♪

投稿: あおぞら→るーちゃんさん | 2011年4月23日 (土) 02時38分

大野くんの『僕は毎日青春です』の言葉 素敵すぎです
大野くんの発する言葉って・・彼は何気なく言ってるのかもしれないけど、何か心に残るんですよね
もう、大野智名言集作って発売してほしいですよッ
やっぱり、あの華麗なダンスの裏には努力があるんですよね。でも、その努力を大野くんはサラって言っちゃうとこがカッコいいんですよねぇ~。
私なら、『ありゃ~苦労したぜぃ』なんつってうるさいですよ
私も見習ぉ~まずはGWまでですよね共感です

投稿: るーちゃん | 2011年4月22日 (金) 09時32分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「終わるまで ちゃんとやる」 2011.04.04 | トップページ | 「残っているもの」 2011.04.06 »