« 『ARASHI DISCOVERY』 2010.09.30 | トップページ | 『ARASHI DISCOVERY』 2010.10.04 »

2010年10月 3日 (日)

『ARASHI DISCOVERY』 2010.10.01

昨日は、朝から一日中、部屋の片づけをしていました。

ええ、必要に迫られて。

何しろ、雑誌の山が「んごい」ことになっていましてねぇ。

やっと、重い腰を上げたっていうわけです。

重すぎるだろ…ってな感じなのですが。

でね、真夜中まで、ずーっと、

「切り抜く → ファイリングする → 不要な雑誌を捨てる」

っていう作業をやっていました。

なのに、まだまだ終わらない。 ゴールすら見えない。

こんなことなら、読んだら捨てればいいとか、

雑誌を買わないほうがいいとかっていう話ではありますが、

それでは、勝負に負けたような気がして。

絶対に負けられない戦いは、ここにもあった。

ではでは、大変遅くなりましたが、

以下、一昨日の朝のラジオレポです。

---------

大野智の『ARASHI DISCOVERY』

2010年10月1日(金) O.A.分

今日は、千葉県のジュンコさんから いただいた問題です。

テーマパークや嵐の国立コンサートなどでは、

様々な種類や色のバルーンが使われます。

さて、「バルーン」を日本語に訳すと、なんというでしょうか?

次の3つの中から選んでください。

1.ふうせん

2.とうせん

3.ひこうせん

   (BGM: ♪『Love Rainbow』)

答えは、1番の「ふうせん(風船)」です。

さて、今週は、問題を提供してくれたジュンコさんからいただいた

メールにお答えします。

「コンサートでは、さすが智くん!!

ソロ、かっこよくて、セクシーな振り付けでした。

他にも、今回のコンサートでは、

何曲か振り付けを考えると言っていましたが、

実際に降り付けた曲はありますか?

ぜひ教えてください。」

ないっ!

すいません。 ないですね。

いやあね、いや、ちょっと考えようと思ったんだけどもね。 うん。

ちょっと、その前にね、ちょっと あの…、

振り付け…、覚えられなくて、あまり。

他の曲も、振り付いてるやつとかも、…とかも、あってね。

いろいろあったんですよ。 ふふっ(笑)。 ええ。

そう、ソロ曲は、自分で振り付けましたけどね。 うん。

ただ、難しかったですよ、なんか。 ええ。

っていうのはね、あのね…、

そう、あの、国立に関してはね、あのー、ソロ曲の前の曲でね、

ちょっと、水を使うね、演出があってね。 うん。

それさ、本番までさ、

その水、実際に使ったことなかったの。

で、僕、ソロ曲スタンバイしてるじゃない、下で。

そんで、本番なって、

その、最後…、僕の曲…、やる曲の前の最後で、

ピシューって、なんか、水が噴射して。

そのあと、もう、雨みたいな状態になっちゃって。

スタンバイしてる時に。

で、いっぱい 水 降ってきて。

もう、ステージが水びたしになっちゃって。

もう、ツルツル滑るわけ。

「やべぇー! お…、踊れねえー」 と思って。 うん。

で、Jr.の子とか、ちょっと コケそうになってるの。

んふっ(笑)。

いやあ、あれ、緊張しましたね。 うん。

でもね、いい感じにね、水でね…、滑るから、

ターンとかしやすくてよかったんですけど。 うん。

まあ、ほんとに、面白かったですね。

では、えー、次は、

大阪で、みなさん、お会いしましょう!!

ということで、毎週金曜日は、

いただいたメッセージにお答えしていきます。

メールでお待ちしています。

メールアドレスは、arashi@fmyokohama.co.jp です。

たくさんのメッセージ、お待ちしていまーす!!

では、また来週! 大野智でした!

--------

えっ? そうだったんですか?

ソロ曲以外で、振り付けをした曲はなかったのかぁ。

おっと、ビックリ。

いやいや、てっきり、何曲か振り付けを担当したものだとばかり…。

「この曲、大野君の振り付けかも♪」つって、

予想しちゃったりもしていました。

つまり、「予想」ではなく、「妄想」になっていたわけですな。

妄想族、参上っす!!

そういえば、ラジオでも、「振り付けが覚えられない」ってなことを、

大野君は話していたことがありましたよねぇ。

何度も言うってことは、今回は 本当に覚えるのに苦労しちゃったのかも。

ステージが水びたしになっちゃって、

「やべぇー! お…、踊れねえー」と思ったという大野君。

でも、きっと、一緒に踊ったJr.の子たちのほうが、

「やべぇー!」って思ってたはず。

だって、先輩のステージで、滑って転ぶわけにいかないですもんね。

しかも、ソロ曲だし、大野君の振り付けだし、

スローな曲だし、センターステージだし、7万人だし、

撮影が入ってるし、DVD化されるかもしれないし。

ってか、そもそもコケたくなんかないし…。

コケそうになった子も、必死にこらえたんだろうなぁ、と。

緊張MAXでしたよね、きっと。

でも、ステージが水びたしだったとは思えないほど、

歌も踊りも素敵でした♪

あの「お水がピシュー」の大盛り上がりだった曲のあと、

登場するや否や、一瞬にして 会場の空気が変わって。

大野君とJr.のみなさんが作り出す世界へと いざなわれて…。

ステージが水びたしだったという事実など、露知らず。

大野君と チラッと視界に入るJr.のみなさんを

遠くから 双眼鏡越しにロックオン状態のまま、心を奪われておりました。

んふふ、いつものことですけどね、これ。

大阪公演まで、1か月を切りましたね。

今度は 振り付けを思い出す作業ですな。

大野さん、がんばって~!

|

« 『ARASHI DISCOVERY』 2010.09.30 | トップページ | 『ARASHI DISCOVERY』 2010.10.04 »

『ARASHI DISCOVERY』ラジオレポ」カテゴリの記事

コメント

ちゃいむさんへ

ほんと、雑誌の整理って大変ですよねぇ。
もっとマメにやってれば、こんなことにはならないのですが…。
2007年の雑誌が出てきた時は愕然としました。
「あっ、やまたろだ…」つって。

確かに、大野君の言う「振り付けが覚えられない」は、
大野君自身の基準での「覚えられない」ってことでしょうねぇ。

結果、音が鳴れば体が反応するくらいまでになってるから、
やっぱりすごいですよね。
3時間半のステージをノンストップで楽しませてくれる嵐さん。
そこに至るまでの過程は、
私たちの想像以上の努力を要するんだろうなって思います。
うん、やっぱり最高っす!!

投稿: あおぞら→ちゃいむさん | 2010年10月 4日 (月) 23時25分

ikuさんへ

ikuさんは双眼鏡をやめて、生ガン見してたんですね。
私は双眼鏡越しに見つめたまま、動けずにいました。
一時も目を離したくなかったから。

コンサートでも、いろいろな表情や動きで楽しませてくれる大野君♪
ファンのみなさんのリクエストに一つひとつ応えている姿が素敵ですよね。

投稿: あおぞら→ikuさん | 2010年10月 4日 (月) 23時10分

雑誌の整理はほんと大変ですよね。
嵐ファンのみんなが同じ悩みを抱えている事でしょう。
5月に初めて$誌を買った私もファイルが既に10冊超えてます・・・

切り取らないと決めた本もどこに記事があるか忘れるので付箋だらけです。


>振り付け
最近、あちこちで振り付けが覚えられないって
行ってますよね。
前にはすぐに覚えるけど10分で忘れるとも
ニノと潤くんが腹立つくらい完璧に覚えてるとか(笑)

でね、思うの。
あれだけ覚えられないって言ってるけど、
怪物くんの見事なバク転でも彼にとっては合格じゃなかった
きっと、彼の振り付けを覚えられないっていうのも
昔の自分と比べてであって
私達が思うような「覚えられない」じゃ、ないんだろうなーって。(^^;;;

なんだかんだいっても、嵐さん達みんな
できてますものね。
すごいな~。

歌詞すら、いえ、タイトルすら覚えられない
私からすると、彼らは天才なんだけどな~

投稿: ちゃいむ | 2010年10月 4日 (月) 02時02分

ソロが始まって、最初は双眼鏡越しに観ていたけど。
遠くて小さくても、直に見たくなって、足下のカバンに双眼鏡を投げ入れ、目をサラにして一挙手一投足をガン見。

惚れ惚れしましたー

他のコミカルな曲の合間、双眼鏡越しに見た、両手をタコやイカの足の様に動かす大野君に爆笑
あの時、双眼鏡越しだったけど、大野君が遠くの席の双眼鏡越しのファンにも漏れ無くサービスしてくれていると確信しました。

投稿: iku | 2010年10月 3日 (日) 16時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 『ARASHI DISCOVERY』 2010.09.30 | トップページ | 『ARASHI DISCOVERY』 2010.10.04 »