« 土曜の嵐、土曜も大野 | トップページ | 『怪物くん』 #1 »

2010年4月15日 (木)

ポーカーフェイスの裏側

ふと気づけば、1週間以上 更新していなかったという事実…。

皆さま、お久しぶりでございます。

春だからでしょうか? なぜだか とても忙しい。

公私ともに忙しい。

あまりに忙しいと 意味なく笑っちゃうもんなんですね。

しょーもないことで笑ってます、この頃。

ただの寝不足じゃないかって話なんですが。

前回宣言したとおり(←詳細はコチラ)、コンサートDVD『ARASHI Anniversary Tour 5×10』は 3〜4日間かけて 1回だけ観ました。

雑誌の山も、見て見ぬふりをしています。

そして、どんどん山積みしています。

深夜に 録画番組の編集をし、HDDの空き容量を増やそうとしているものの、次から次へと録画しているものだから、相変わらずのパンパン状態。

すでに10日(土)から、「土曜の嵐 春の日テレ×アラシ大作戦」に突入しているというのに。

16日(金)の『ミヤネ屋』までは録画可になっています。

しかし、このままじゃ、17日(土)からの『怪物くん』さえも録画できない。

ふふっ、かなりのピンチ… ですよね? これって。

今日明日が勝負だな、と。

うーん、もう1台 レコーダーが欲しい…。

でも、忙しいとか言いながら、学生時代の友人との飲み会にも参加していたり。

結局のところ、あれやこれやとスケジュールに入れて、忙しくしているのは自分自身でして。

つまり、コレ、更新せずにいたことへの完全なる言い訳です。 ハイ。

それにしても、この1週間、嵐さんにまつわる話題は 毎日のように飛び込んできましたねぇ。

テレビに、雑誌に、新聞に、あちらこちらで、嵐さんのことを目にしたり、耳にしたりしていたような気がします。

その中で、「今度、ブログに書こう!」と思ったものについては、手帳にメモしているのですが。

それが、どんどんどんどん溜まっていってます。 面白いほどに。

書きたいことが、いーっぱい。

でね、そのメモを見るたびに、嵐の皆さんは こんなにたくさんのお仕事をしているんだって実感するんです。

どんだけ忙しいのかと。

怒涛のメディアラッシュは嬉しいのですが、皆さんの体が心配。

ここはひとつ 「健康第一!」で、今のこのビッグウェーブを乗り切ってほしいと願っております。

さてさて、昨日、4月12日発売の『野性時代』5月号が届きました。

「Cover Interview 大野智」ってことで、大野君の記事が掲載されているものです。

これがね、この表紙の大野君が、ものすごく素敵!!

優しく微笑む表情が、やわらかな雰囲気を醸し出しているんですよねぇ。

チェックのシャツも良く似合ってるなぁ。

目次をめくるたびに、右のページには大野君の写真が♪

「Contents 3」のページの写真が、これまた素敵!!

首をかしげながら、本をのぞき込む姿が麗しいというか。

綺麗なんです、とっても。

まつ毛が長いなぁ。

そこからページを2枚めくると、お顔のアップがドドーン!

綺麗だなぁ。ホントに綺麗な顔だなぁ。

やっぱり、怪物くん仕様の髪の色がよく似合いますね。

表紙同様、優しく微笑む表情を見るだけで 心が和みます。

ここ最近の忙しさで やや荒んでいた心が浄化される。

ああ、癒される。

『野性時代』といえば…

個展「FREESTYLE」の時にもインタビュー記事が掲載されたんですよね。

久しぶりに読みたくなって、切り抜きを探してみました。

ありましたよ、ありました。

2008年3月号の「才能がベールを脱ぐ瞬間 大野智の“リアル”」♪

当時、このタイトルだけでテンションが上がったことを思い出しました。

この時 大野君が着ていたジャケットが素敵だったんですよねぇ。

同じデザインで女性サイズのものがあればいいのに!って思ったほど。

この記事には、大野君が求める「リアルとは何か」や作品への思い入れについて書かれていました。

そして それは、「嵐」の大野君には 実はこんな才能があったんです!と紹介している意味合いが強かったような印象を受けました。

だから、「才能がベールを脱ぐ瞬間」なわけで。

あれから2年。

この2年の間に、作品集『FREESTYLE』発売、個展の開催、連続ドラマの主演などがあり、一気に注目度は増しました。

今や 大野君の才能は 世の中の皆さんの知るところとなったように思います。

で、今回の記事のタイトルは、「ポーカーフェイスに隠れた素顔」。

ドラマ『怪物くん』の主演を知らされて最初に抱いた感想は、

「なんでボクなんだろう?」だったそうで。

『怪物くん』の実写化に臨む大野君が感じた戸惑いなどについて書かれています。

印象的だったのが、ドラマ『怪物くん』によって

「ボク自身も忘れかけていた何かを取り戻せそうな気がします」という大野君の言葉。

「忘れかけていた何か」…。

ライターさんによると、大野君は「初心にかえりたい」という思いを込めて、この言葉を使ったとのこと。

昨年の国立あたりから まるで夢を見ているみたいで、たくさんの人に祝っていただいて、今でもフワフワ浮いてる気がしているという大野君。

だから、早く地に足をつけて歩きたいそうなんです。

なるほど。

そう思わせてしまうほど、嵐さんを取り巻く環境が大きく変わってしまったのかもしれませんね。

環境が変わっても、自分たちは今までと変わらないんだって、強く思っていることが伝わってきたような気がしました。

あまり感情を表に出さずに 淡々と話す大野君の姿は、テレビに映る姿そのままだったようで。

でも、その反面、夢中になったものには一気にのめり込む。

つまり、それはライフワークとして続けている創作活動である、と。

ここからの文章がマニア心をくすぐるもので…。

「その熱意は仕事においても変わらないはずだ。

ポーカーフェイスの裏側では、熱い情熱がうごめいている。」

んふふ、そうなんですよねぇ。

決して表には出さなくても、熱い情熱はうごめいているんですよねぇ。

そういえば、嵐のメンバーの誰かに、「火山」みたいだって言われたことがありましたよね?

櫻井君でしたっけ? あれ、松本君だったかな?

最後に、「とにかく、やるからにはやりますよ。 楽しみにしててください」と語った大野君。

ええ、楽しみにしていますよ!

とっても楽しみにしています!!

「やる」と決めた時の大野智のすごさを知ってますから。

ってか、単純に、楽しむ準備はできています!

かつて堺正章さんが主演した『西遊記』がそうであったように、

「『怪物くん』といえば、大野智!」と言われるような、

そんな素敵な作品になる予感がしていたんですよねぇ。

でも、『怪物くん』のあれやこれやが明らかになるにつれて、「予感」は「確信」へと変わりました。

大野君にとっても、思い出深い作品になるんだろうなぁ。

『怪物くん』まで、あと2日…。

楽しみすぎる!!

|

« 土曜の嵐、土曜も大野 | トップページ | 『怪物くん』 #1 »

大野智君」カテゴリの記事

怪物くん」カテゴリの記事

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コウさんへ

HDDの容量確保、お疲れさまです!
しかし、まだまだ続く「嵐祭り」。
気が抜けませんねぇ。

『野性時代』の大野君の微笑みは素敵ですよね♪
波立つ心さえも穏やかものに変えてしまうような不思議な力があるように思います。
う~ん、癒される~。

いよいよスタートした『怪物くん』。
男前3104が演じる怪物ランドのプリンスに魅了されまくりましょ~!!

投稿: あおぞら→コウさん | 2010年4月19日 (月) 01時45分

あおぞらさん、こんばんは

いよいよ今夜「怪物くん」がスタートですね。HDDの容量もバッチリ確保しております(笑)

野性時代。購入しました♪
ナチュラルな大野君の笑顔を見ると、何だか優しい気持ちになるような気がするんです。穏やかな気持ちになるんですよねぇ
本当に穏やかで綺麗な微笑みにやられました。
「やるからにはやりますよ」って、本当に男前。
今夜が楽しみです。

投稿: コウ | 2010年4月17日 (土) 18時48分

ゆなさんへ

『野性時代』は、表紙を始め 写真もテキストも素敵だよ~♪

そうそう、『野性時代』も『美術手帖』も、大野君が載るまで買ったことなかったもん。
いや、雑誌名も初めて知ったくらい…。
世の中には いろんな雑誌があるもんだと実感することが、しばしばですよ。

でね、どの雑誌のテキストも、大野君への興味や愛情に溢れているような気がします。
だから、それを読むのが嬉しくて楽しいんだよね。

昨夜は、3時までHDDの容量を空ける作業をしていました。
負けられない闘いは続く…。

投稿: あおぞら→ゆなさん | 2010年4月16日 (金) 13時33分

ikuさんへ

もう 楽しみ超超!!ですよね。
今日の大野君は、朝から番宣ラッシュ。
チーム『怪物くん』もフル活動しているそうで。

ドラマも、主題歌も、番宣も、掲載雑誌も、
『怪物くん』にまつわる全てを 思う存分 楽しみたいと思います!!

投稿: あおぞら→ikuさん | 2010年4月16日 (金) 13時23分

おこんばんは
私も久々の登場です。

野生時代の表紙をちらっと見ました。
チェックのシャツで微笑む姿と美しい二の腕が見えたような。

<ポーカーフェイスの裏側では、熱い情熱がうごめいている。
か…思わず「うぅっ」って唸っちゃった。気になる。気になるー!
読んでみたいな、本屋にお取り置きを頼まなくちゃ!

前回の野生時代、あれ?美術手帖だったかな?
私が滅多に注文のないらしいその本を受け取りに行ったとき、
店員さんが「急にこの本の取り寄せが増えたんですが、どうしてでしょうか?」と質問してきました。
私はちょっと誇らしげに「嵐の大野さんが載っているからですよ」って答えました。
あれからそんなに時間は経っていないけど、多くの人が彼の魅力を知ったんだな~。
なんだか嬉しい。

さあ!私もHDDの容量を空けるよ~!!
がんばろうぜい

投稿: ゆな | 2010年4月15日 (木) 22時52分

とにかくスッゴク楽しみ!!
楽しむ準備は満タン♪
フルざぁ~ます

大野くんは本質を見つめ、研さんや努力をし、そして検証を怠らないから。
大野くんが提供してくれる、演技や歌や踊り等々は良質ですからねぇ。
タマランなぁ~

投稿: iku | 2010年4月15日 (木) 10時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 土曜の嵐、土曜も大野 | トップページ | 『怪物くん』 #1 »